Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

News
Blog

Neural machine translation is a particularly interesting niche field of artificial intelligence. This is because - traditionally - accurately translating one language into another can be difficult for a machine to achieve. Here, in this article, we are going to take a look at the technology that has and is adapting to do this job: neural machine translation.

system-2660914_640

 

Challenges of Machine Translation

All current languages have grammar rules and their own phrasing intricacies. When speaking, though, these aren’t always adhered to. Most people talk in shorthand or use some form of slang. In addition, there are words and phrases in some languages that may not have a direct translation into another.

The challenge has traditionally been that machines couldn’t keep up with this fluidity and ambiguity. This is because the old standard, statistical machine translation (SMT), worked on rule-based factors to create a direct translation. In other words, this software was run by the semantic, lexical, and syntactic rules that linguists laid out. This rule-based machine translation (RBMT) didn’t leave much room for growth and it limited what the programs could do.

How Is Neural Machine Translation Different?woman-1172718_1280

 

woman-1172718_640

Neural machine translation (NMT) differs from SMT because it uses an artificial neural network (ANN) rather than strict rules. ANNs are modeled after biological neural networks such as the human brain. The goal behind this is to create an AI system that can “think” rather than simply complete an assigned task. This allows the AI to process factors in translation such speech patterns and phrasing.

Another benefit of ANNs is that alongside thinking, they are also learning. This means that the more this AI translates languages, the better it will become at performing this job.

The Future of Neural Machine Translation

As of right now, NMT isn’t as widely implemented as SMT. A part of this is that it isn’t as developed as SMT. While more effective, NMT is still being further developed and learning new tricks. This only makes sense - such a complex system as this takes time to fully flesh out. However, as the technology has made it’s advancements, it will most like going to see wider use and distribution.

As for the fear of automation and replacement of the job of human translators, this is a far off of a worry. Experts in the field predict that it will be a while before these learning AI systems will be able to think on the same level as human rather than simply compute information in a robotic manner.

binoculars-1209011_640

 

 

 

 

You can read more about Neural Machine Translation on the following sites:

3 Reasons Why Neural Machine Translation is a Breakthrough

https://slator.com/technology/3-reasons-why-neural-machine-translation-is-a-breakthrough/

Microsoft: What is a neural machine translation (NMT)?https://translator.microsoft.com/help/articles/neural/

 

 

 

In order to talk about Translation Service Providers, you must first know what the job is all about.

Translation Service Providers (TSP) have been around for several years now, they are sometimes referred to as Translation Agencies that offer their translation services to clients. Sometimes they also offer other related jobs such as interpretation or localization or even social coaching solutions, it all depends on the company and what their client population is.

When an individual is Translating they are creating a process of ‘searching’ the words of one text in any particular language and turn it into a text in any other particular language. Everything can be translated, from books to magazines or even Search Engine marketing adds, if there is a word then it can also be translated.

A lot of times the Translation Service Providers also offer something called ‘’Localization’’. This is when their translation services are defined by the nuances of a particular nation, group, cultural background or geographical area. For example, if Translating into French, the Translation Service Provider will focus on where the language is spoken and the overall context of the piece in order to produce an accurate translation and localization.

South America is definitely a land of opportunities. There are several reasons why the Translation Market size is increasing in South America, and it is definitely changing its dynamics and offering new and exciting opportunities to prospective international clients and investors.

Some of the major changes that this market is facing are the new technologies that is continuously presented to this area, while also an increase of international companies that are looking forward to developing commercial ties to the South America area.  

Continue reading to find out some of the reasons to keep an eye on in the non-stop growing Translation Market in South America:

Did you know that more than 400 million people around the world speak Spanish as their first language? And 300 million of them come from Latin America?

If you have ever heard a person from Spain speak in Spanish and then  immediately after you hear a person from any country in Latin America say exactly the same phrase, then you will soon realize how different they sound.

Even though it is the same language, there are some distinct differences between the Spanish from Spain and the Spanish from Latin America. In fact, it is like saying that there are differences between the English in England or in North America.

機械翻訳技術は、世界中の企業の将来にとって重要な投資であることが証明されています。昨今、より多くの取引がオンラインで行われ、異なる国の人々が互いに取引を行っています。言うまでもなく、インターネットは探しているものが何でも見つかる巨大な国際的なショッピングセンターだと考えられています。 

機械翻訳の精度

万国共通語として英語を使用

英語は世界中のインターネットのデフォルトの言語です。つまり、Web上にある殆どの情報は英語で書かれています。そうしますと、英語の読み書きができない見込み客はどうなるのでしょうか。彼らのマーケットはあるのでしょうか。このような時に機械翻訳は活用され、特により多くの会社がローカライゼーションによって収入を増やしたいと考えている中、重要な役割を担っています。

機械翻訳は、国際取引のコスト減を期待する会社、速い翻訳を提供し、取引を提供したい会社、そして一日24時間・週7日(年中無休)の業務体制を望む会社にとって経済的に不可欠なものになっています。そのため、翻訳の自動化を促す翻訳ツールは不可欠であり、そのツールを実現するために、ここ数年技術開発が求められてきました。

機械翻訳の精度を測る評価尺度の選び方

まず文書を翻訳する時、次のことを常に念頭に置きながら作業を進める必要があります。

1)この翻訳は正確か
2)この翻訳はわかりやすいか
3)この翻訳は目的に沿っているか

これらの質問を念頭に置き一つ一つ答えながらあなたは翻訳作業をしました。なぜならあなたは人間で人間が翻訳作業を行っているからです。でも機械翻訳においてこの確認作業はどのように行えばいいのでしょうか?

このような時にテクノロジーが適切な解決策をもたらします。アルゴリズムとその処理技法が盛り込まれた次のような自評価尺度を使用します。

1.自動評価尺度

BLEU(Bilingual Evaluation Understudy)は、自動評価メトリックスを提供します。同時に提供されたさまざまな翻訳オプションを見比べながら評価します。言い換えれば、BLEUはアルゴリズムを使用して翻訳機械が訳した翻訳の品質をある言語から別の言語に訳し文を見比べながら評価します。

「BLEUの評価尺度の翻訳精度はどのように測定されますか?」

BLEUを使用する場合、そのスコアは単一のセグメントを翻訳するたびに計算されます。例えば、スペイン語の「Me llamo Eugenia」を英語の「My name is Eugenia」に翻訳したいとします。この2つの文章はデータベース上にある別の文章群と比較され、翻訳の質の基準として使用されます。

BLEUにおいて興味深い点は、良い翻訳参考文献の情報を備えるため、ある時点で人間が機械翻訳された出力文を比較し承認する必要があることです。

2. 自動評価メトリックス

最も一般的な選択肢は「単語誤り率」または(WER)の使用です。WERは、機械翻訳が翻訳した各単語とその出力文を評価します。もう一つ、翻訳編集率(TER)があります。このシステムは基本的に機械翻訳のメトリックスの観点から、既存のシステムの出力文に対して行う修正の割合を算出し、将来の参照文(正解)を作ります。

3. 人力評価

人力評価は、その名の通り、人間が機械翻訳された文章を修正または編集することです。 言い換えれば、人間の注釈者は、多方面にわたって均整の取れた翻訳を提供し、不規則な意味の翻訳を避け、文脈に沿ったフレーズにします。

「このタイプの評価は実現可能か?」

もちろん可能です。しかし、時間と高いコストがかかります。なぜならテキストを翻訳できるソフトウェアに投資するだけでなく、1人または複数の翻訳者を採用して完璧な翻訳を仕上げることになるからです。

機械翻訳の作業を評価する方法は数多くあります。どの方法を選ぶかは、投資できる金額と費やせる時間、そしてあなたが人と機械のどちらを信頼するかによります。

文章や本、会話を1つの言語から別の言語へ翻訳することは、かなりの労力・根気・細部を見る目が必要とされます。

ここ2、30年の間、インターネットが爆発的に普及して以来、非常に多くの業界がより多くのカスタマーへコンタクトを取ることによって業界のレベルを引き上げる努力をしてきました。多くの企業が、外国のカスタマーとコミュニケーションを円滑に取り増益に結びつくことのできる翻訳者を探しています。

旅行業界の翻訳

さて、言語サービスと翻訳サービスへの依存度が高い業界もいくつかあります。その種の業界を見てみましょう。

No.1 旅行業界

次の休暇、あなたはどちらへ旅行に行かれますか? - 旅行業界の収益は年々増加していますが、その理由は、旅行会社がネット経由で、あるいは現場で提供する翻訳サービスで顧客を手助けしているからに他なりません。

さらに、多くの国が自国の領土に入るためのビザを要求しているため、旅行業界は、現在、旅行証明書、ビザ書類、案内書、規約書類などの翻訳サービスを提供しています。 言うまでもなく、この種のサービスは顧客にとって多大な時間の節約になります。これは旅行会社と顧客の双方にとってメリットがあります。旅行する様々な場面で、言語の壁を越える手伝いを人は必要としているのです。 

No.2 ウェブサイト翻訳サービス業界

あなたが自前のウェブサイトを運営しているとしましょう。ところが、その製品やサービスを1つの言語でしか提供していません。一方、同じシナリオコンテンツで提供できるものすべてを、2〜3カ国語で提示しているところを想像してください。長期的に見て、どちらの方法が収益の増大に貢献すると思いますか?もちろん後者です。

理由を挙げるとすると、あなた自身とあなたの業界が様々な言語圏のカスタマーと関わりを持てば、より多くの繋がりが持て、情報をやり取りし、最終的に売上を伸ばすことができるからです。顧客と同じ言葉を使ってコミュニケーションを図り、顧客により近い存在でやりとりできることから、相手はあなたを親しく感じます。つまり、このコミュニケーションには、あなたがその顧客に寄り添った対応ができ、カスタマーの信頼をより得られやすくなる効果があるのです。

他の利点もあります。様々なある疑問に対する回答があなたのウェブサイト上で確認できれば、ウェブサイトのトラフィックが増加します。インターネットは尽きることのない情報源です。本から音楽、辺ぴな場所や隔絶された場所の地図、あまり広く使われていない言語の文章の翻訳に至るまで、インターネットを利用することで、あなたはおそらく自分でも気付かないうちに、自分が知る必要のあるすべての情報を手に入れることができます。

No.3 銀行・金融業界 

これは、翻訳サービスを必要としている最も成長が速い業界の1つです。私たちは、たった1度クリックするだけで、地球の裏側にいる人に送金できる”グローバル世界”に住んでいます。この”グルーバル世界”では、信頼を生み出す明確で力強いコミュニケーションを自社の顧客に提供するために、銀行・金融業界は効果的な翻訳サービスを必要としているのです。

外国の銀行に送金する場合は、自分が自由に使える言語ですべての情報を準備することができます。もし相手の国の言葉を送金者が必要とするならば、カスタマーは非常に大変な思いをすることとなるでしょう。例えば、一つ言葉を間違えた手続きで中国に送金したいのに、モンゴルに送金する羽目になるかもしれません!、銀行・金融業界は、海外とのやりとりが発生する際に機敏に対応できるサービスを日夜求められているのです。 

No.4 医療福祉業界

ここ2~3年、医療福祉業界内で翻訳される文章の量が大幅に増加しています。カルテから診断書、医療情報に関わる医師の指示から処方に至るまで、日進月歩、発見されエウあらゆる科学データの最新情報に遅れを取らないよう、医療福祉業界で働く人々は、常に翻訳サービスを利用する必要があります。重要で意義のある情報を必要とする医療現場の人々に翻訳を提供することで、今後、より翻訳が必要となる業界の1つであるとも言えます。

No. 5 法務業界

法務業界を専門とする翻訳サービスは、現在利用されている最も重要な種類のサービスの1つです。

あなたの会社が大企業でも、中小企業でも、2か国語以上の言語が関わる訴訟を抱えているときは、法律翻訳が必要不可欠であり、既定の前提要件です。外国語の1つの言葉の解釈を間違ったというだけの理由で、もしくは、あなたにとって正しいように「聞こえた」ある言葉を使ったが、その言葉が誤訳だったというだけの理由で、誰かが投獄される可能性があります。コミュニケーションを図るための他言語を「理解する」ことは時にとても難しいこととなります。

(ヤラクゼンで翻訳)