Yarakuzen
Yarakuzen

News
ニュース

逆翻訳

本記事では、逆翻訳とは何なのか、その目的や方法、効果をご紹介します。具体的には、翻訳案件のフローに組み込まれる人手による逆翻訳について説明し、後半では日々外国語を使って仕事をしているビジネスパーソンにも役に立つ、自動翻訳を利用した逆翻訳の活用法を例を用いて説明します。

正確さ 翻訳

誰もが自動翻訳を利用する際に、正確な翻訳文を出してほしいと考えると思います。

でも、翻訳文の正確さって一体何なのでしょう?元の文の単語が漏れなく訳文に反映されていること?読みやすく自然な訳文であること?元の文と意味が同じであること…?そもそも言語が違えば、その言語使用を支える文化も異なるはずで、訳文に元の文とまったく同じ「意味」を持たせることはできるのでしょうか…?

本記事では、翻訳の品質を評価する際によく用いられる基準を用いて、翻訳の要素を細かく分けて考えてみたいと思います。本記事が、仕事で自動翻訳を使用する際、ご自身の翻訳タスクで譲れない点は何なのか、優先すべき事項は何なのかを考える際の一助となれれば嬉しいです。

ビジネス英語メールの書き方

 

ビジネスでビデオ会議やチャットでのやり取りが多くなったとはいえ、メールでのやり取りがなくなることはありません。2023年6時点でも、仕事のコミュニケーション手段には電話やウェブ会議よりもメールが使われていることがわかりました。(※1)そしてグローバル展開する企業では英文メールでのやりとりが中心になるでしょう。

英語のビジネスメールは日本語のメールの書き方とは異なり、相手に伝わりやすい「型」があります。この記事ではビジネスでも役立つ英文メールの型や、書き方をお伝えします。また、様々なシチュエーションを想定した英文メールを282個用意していますので、こちらもぜひご活用ください。

word 翻訳

MicrosoftのWordには翻訳機能があり、日本語のみならず多言語の資料や報告書を作成する際にとても役立ちます。また、外国語で作成されたWordを日本語に翻訳することもでき、負担なく文章を読むことができ、ビジネスのグローバルコミュニケーションを簡単にしてくれる便利な機能です。今回はそんなWordの翻訳機能の使い方についてお伝えします。

さらに翻訳機能を使う上で知っておくべき注意点もありますので、ぜひ最後までご覧ください。

ローカライズ 翻訳

ローカライズとは

ローカライズ(ローカライゼーション)とは、ある国で作られたサービスやコンテンツ、ゲームなどを、別の地域でも利用できるように適応させることをいいます。local(ある地域)にize(~化させる)という言葉の成り立ちからも、意味が理解できますね。

* 参考:ローカライゼーション(Wikipedia)

韓国語 翻訳

韓国語の翻訳はビジネスから観光まで多岐にわたるニーズに応える重要なスキルです。今や自動翻訳のおかげで、誰でも簡単にその日本語訳を確認できます。

どの自動翻訳ツールが最適なのか、セキュリティは大丈夫なのかなど、選ぶ際のポイントはいくつもあります。

この記事では、韓国語の翻訳に使える自動翻訳をご紹介します。また、翻訳の品質を高めるためのコツもお伝えしますので、自動翻訳を使う際に役立ててください。

「画像内の文字をサクッと翻訳したい!」と思ったことはありませんか?

例えば、外国語が含まれる画像(看板、ポスター、書籍のページなど)を理解したい場合や、海外企業からの書類や資料が画像で提供された場合、外国語で書かれた画像をSNSやサイトで見て、それを理解する場合など様々なシーンで画像を翻訳したいと思うことでしょう。

画像内の文字を翻訳する方法は一つではなく複数あります。シーンや目的によって画像翻訳の方法が異なります。ここではシーン別・目的別に、画像を翻訳する方法とその手順をご紹介します。

ここ1~2年で、DX(デジタルトランスフォーメーション)が企業の成長戦略の中心として注目されています。このDXの波は、翻訳業界にも大きな影響を及ぼしています。

翻訳は、グローバルなビジネス展開や多言語対応が求められる現代において、企業の重要な業務の一つとなっています。しかし、従来の翻訳作業は手間と時間がかかるものでした。そこでGoogle翻訳やDeepLなどの自動翻訳や、ヤラクゼンなどの翻訳支援ツールの力を借りることで、翻訳の効率化、品質向上、そしてコスト削減が実現可能となりました。

この記事では、そのようなツールの導入により企業がどのようにDXしたのかを、事例を取り上げながら詳しくお伝えします。


仕事や日常でのグローバルコミュニケーションの多くは、英語で行われていまが、誰もが英語が堪能なわけではありません。自分のスキルだけで英語での理解や英文の作成が困難な場合は、翻訳ツールを使うことでその問題が解決できます。

ただ、翻訳ツールは翻訳文を一瞬で出力してくれますが、語彙の選択を間違えたり、文化的なニュアンスを反映できなかったりします。翻訳文を使う際はそのような間違いをチェックし、修正する必要があります。そこでこの記事では、あなたが望むような、なるべく正確に翻訳できる翻訳ツールを厳選してご紹介します。

また、翻訳ツールだけでは正確な英語の翻訳はできません。より正確な英語の翻訳をするためにも翻訳の正確さを向上させるテクニックもお伝えします。

Google翻訳 機能


Google翻訳とはGoogleが提供する自動翻訳ツールで、全132言語の翻訳に対応しています。(2023年7月時点。)ウェブサイト上やスマホアプリで使用することができます。スマホアプリではネットにつながずオフラインで翻訳することができ、ネットがない状況でも翻訳でき大変便利です。

2006年にリリースされ、その10年後の2016年には当時の新しいAI翻訳システムが採用され、翻訳精度が大幅に向上しました。翻訳の品質が良くなったことで多くの人が使うようになり、今では誰もが一度は使ったことがあるくらいに普及しています。

前へ 次へ