Yarakuzen
Yarakuzen

News
ニュース

医療機器メーカーや製薬会社など、医療関連企業においては、直接的な生命への影響は少ないかもしれませんが、情報の正確な伝達は不可欠です。特に国際取引が多い場合、適切な翻訳業務は極めて重要です。今回は、医療関連企業における翻訳実務の問題点を3つ挙げ、それらの解決策についてご紹介します。

 

【目次】

AI翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン(YarakuZen)」を開発提供している八楽株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:坂西優)はAI翻訳ツールをビジネスシーンでの活用や導入を検討されている方を対象に、5月23日(木)にオンラインセミナー『各翻訳エンジンの特徴がわかる!AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン(YarakuZen)」で複数の翻訳エンジンを使い分ける方法』を開催します。

 

ChatGPT搭載にあたり目指すもの

八楽株式会社は、AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」にChatGPTを翻訳エンジンとして採用したことを記念し、特別セミナーを開催いたします。ヤラクゼンはグローバルコミュニケーションを円滑にする自動翻訳ツールであり、ChatGPTを翻訳エンジンとした搭載することにより、これまで以上に高品質な翻訳が可能となりました。八楽は今後も様々な分野のグローバルコミュニケーションの課題を解決し、社会や企業のグローバル化に貢献できるよう尽力して参ります。

 

グローバル化が進む中、海外進出や多言語化のニーズが高まり、社内マニュアルの翻訳は企業の大きな課題の一つとなっています。特に海外に支部や工場を持ち、日本国内のノウハウや手順を伝える場合、正確な置き換えが必要になります。

本記事ではマニュアルを翻訳する際に気を付けるべきポイントと、翻訳の品質を保ちつつコスト・時間を節約する方法をお伝えします。

 

八楽で働く仲間、ヤラクゼンを使っていただいているお客様、パートナー企業の方々、など八楽およびヤラクゼンをとりまく「人」にフォーカスを当てながら八楽を紐解くシリーズ『やらく人』。八楽株式会社のパートナーセールスエグゼクティブ、湯村に話を聞きました。

八楽株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:坂西優)が提供するAI+人で生産性を高めるAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」がVer.5.2.0にアップデートし、ChatGPT標準搭載などの機能追加したことをお知らせいたします。ChatGPT搭載の他、各ページのデザイン改善、テキスト翻訳におけるUXの改善を実施しました。Ver.5.2.0は4月28日(日)より提供開始しております。

 

八楽で働く仲間、ヤラクゼンを使っていただいているお客様、パートナー企業の方々、など八楽およびヤラクゼンをとりまく「人」にフォーカスを当てながら八楽を紐解くシリーズ『やらく人』。第6弾は、2015年入社以来、ヤラクゼンの開発の中核を担ってきたメンバーの一人、Yurii Honcharenko(ユリイ・ホンチャレンコ)です。

ai_prompt

 

画像生成AIは、機械学習と深層学習技術を活用して、与えられたプロンプト(指示)に基づいて画像を生成するシステムです。この技術は、近年急速に進化しており、自然な画像やアート作品を生成する能力を持っています。しかし、英語が苦手な人々にとって、この技術を利用する際のプロンプト作成はハードルとなることがあります。本記事では、英語が苦手でも、画像生成AIを使って優れた結果を得る方法について、画像生成AIの概要からプロンプト作成のワンポイント、そしてYarakuZenを使ったプロンプト作成、画像生成までを解説します。

yarakuzen update

ヤラクゼンのサービスの拡張・発展させるため、昨今生成AIの中で大注目の「ChatGPT」を標準エンジンとして搭載いたします。同時に、その他機能の変更・改善を行うためのアップデートを行いますのでお知らせします。

ヤラクゼンがVer.5.2.0へアップデートされます。下記時間帯はヤラクゼンのご利用はできなくなりますので予めご了承ください。

ヤラクゼン サービス一時停止時間:

2024年4月28日 (日) 午前11時~午後4時(日本時間)

 

AI_security

 

「生成AI」の普及が急速に進む中、個人や企業がこれらのサービスを利用する際には、潜在的なセキュリティリスクに対する議論が高まっています。特に、情報リテラシーの低い従業員が生成AIを利用する場合には、企業にとっても懸念すべきリスクとなる可能性があります。

AIツールは翻訳業務の効率化にもつながるため、利用する人も多くなってきたと思います。AIを活用して翻訳の効率を高めることができますが、誤った翻訳を生成する可能性や機密性の高い情報を漏洩させるリスクも抱えています。

 

本記事では、企業が生成AIを活用する際に直面するセキュリティリスクに焦点を当て、それに対処するための方法について解説します。

前へ 次へ