Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen
Yarakuzen

News
ニュース

AI自動翻訳と、文書タイプの向き・不向き

近年、AI自動翻訳の性能が飛躍的に向上したことにより、人間の翻訳者の仕事はAIに取って代わられるのではないかと言われることもあります。

しかし同時に、「文学作品はAIには訳せない」、「ゲームが機械翻訳のような言葉で訳されているため、まるで使い物にならない」というような声も耳にします。日々進化しているAI自動翻訳でも、文学作品やゲームがうまく訳せないのは一体なぜなのでしょうか。また、どのような文章ならAI自動翻訳がうまく機能するのでしょうか。

本記事では、AI自動翻訳と相性が合う、または合わないタイプの文章について、3つの観点から考えていきます。

日本経済新聞にて、弊社人事担当 中山のコメントが電子版(2023年2月1日付)、紙面(同年2月1日付)にそれぞれ掲載されました。
就業者数が少なくなり、人口の減少だけでなく雇用のミスマッチが起きているといった記事の中で、中山のコメントが紹介されています。

掲載紙:日本経済新聞
発売年月日:2023年2月1日
掲載見出し:就業者数、コロナ前比27万人減 30〜40代男性戻らず
掲載面:3面

詳細は、掲載ページ(日経電子版)をご覧ください。
▼日経電子版(2023年2月1日)
就業者数、コロナ前比27万人減 30〜40代男性戻らず

2023年1月9日(月)発売の週刊BCN『era』にて、弊社代表坂西のインタビュー記事を掲載いただきました。
同時に、公式WEBメディアでも取り上げていただいております。

▼ 週刊BCN 2022年01月09日(vol.1952)
https://www.weeklybcn.com/journal/wbcn/detail/

▼電子版 『縮む地球、広がるコミュニケーション』
https://www.weeklybcn.com/journal/era/detail/20230112_195908.html

グローバル化が進む昨今、社内文書や社外文書の翻訳が必要になる機会が増えています。例えばニュースリリースやIR資料など、日本語以外の言語でも公開できればもちろん良いのは分かっているけれど、そこに割けるリソースがない…といった方もいるのではないでしょうか。

近年精度が飛躍的に向上しているAI自動翻訳ですが、世の中にはたくさんのエンジンが存在しています。一番よく知られているエンジンはやはりGoogle翻訳でしょうか?数年前、DeepLが日本語に対応した時には「DeepLの翻訳精度は非常に高い!方言なんかも正しく訳してくれる!」と界隈がざわついたこともありましたね。しかし、エンジンはこれがいい!あれがいい!という話ではなく、用途や状況に応じて使い分けることが大切です。

本記事では複数のエンジンの訳出結果を比較し、その違いや特徴を見ていきます。

アイティメディア株式会社が運営するWebメディア「@IT」にて電子書籍@IT eBookシリーズにて、弊社太田が執筆した記事『「Python+PyTorch」と「JoeyNMT」で学ぶニューラル機械翻訳』が電子書籍化されました。
プログラミング言語の「Python」や機械学習ライブラリの「PyTorch」、海外の大学で教材として利用されている機械学習フレームワークの「JoeyNMT」を利用して、ニューラル機械翻訳の仕組みや開発方法を学べる内容となっています。

@IT eBook「Pythonと機械学習フレームワークを使って「AI翻訳」の世界を学んでみよう
(2022年12月26日)
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2212/26/news016.html

「Python+PyTorch」と「JoeyNMT」で学ぶニューラル機械翻訳 寄稿記事はこちら

ニューラル機械翻訳(NMT)の基礎を「JoeyNMT」で学んでみよう(準備編)
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2206/29/news008.html

Discordのチャットbotでニューラル機械翻訳を試そう 「JoeyNMT」のカスタマイズについても解説
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2207/21/news006.html

「JoeyNMT」で音声データを使った自動音声認識、音声翻訳モデルを作る
https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2208/17/news002.html

ポストエディットとは

機械翻訳(MT)の精度は日に日に向上、また自動翻訳ツールもすさまじい進歩を遂げています。それに伴い、自動翻訳後に人の手によって編集・修正を行う、といった手法が広がってきています。

この人の手で行われるブラッシュアップのことを「ポストエディット(Post-Editing)」と呼びます。

今回はポストエディットとは何か、ポストエディットにおけるメリット、実際ポストエディットを行う際の手順についてご紹介します。

弊社は、2022年12月22日付にて、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際規格(ISO/IEC 27001:2013、JIS Q 27001:2014)の認証を取得しましたので、お知らせいたします。
今後も認証基準に基づく情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の適切な運用・改善に努め、お客様からより一層信頼される企業を目指してまいります。

【認証登録概要】
登録組織:八楽株式会社
認証登録範囲:多言語コミュニケーションツールの企画、開発、及び関連するサービスの提供
認証規格:ISO/IEC 27001:2013
認証書番号:IS778669
認証登録日:2022年12月22日

JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)認証

アイティメディア株式会社が運営するWebメディア「@IT」にて、弊社新規プロダクトマネジャー杉山の寄稿記事が掲載されました。
3回にわたり、アイデアを「エンジニアの生き方」について工学的に考えていく連載の最終回。
エンジニアという道をどういう指針で進むか、検討していきます。是非、ご覧下さい。

寄稿概要

媒体名:@IT
記事タイトル:「あなた」というモジュールを最適化する、というエンジニア生存戦略
URL:https://atmarkit.itmedia.co.jp/ait/articles/2212/19/news003.html
執筆者:杉山 慎
掲載日:2022年12月19日(月)

@IT(アットマーク・アイティ)について

@IT(アットマーク・アイティ)は、技術解説を中心とした特集記事や連載、Tips、ニュースなどを提供し、システム設計・構築に携わるITエンジニアの大きな支持を得ています。
システム構築におけるすべてのステップで役立つ情報をクラウド、セキュリティ、AI IoT、アジャイル/DevOpsの4カテゴリから発信しています。

アイティメディア株式会社が運営するWebメディア「@IT」にて、弊社NLP(自然言語処理)エンジニアリングチーム Giovanni Gatti De Giacomo(ジョバンニ・ガッティ・デ・ジャコモ)、Vipul Mishra(ビプル・ミシュラ)による寄稿記事が掲載されました。
なぜデータラングリングが重要なのか、Pythonを利用したテキスト抽出例や特定文字列のフィルタリング、Unicode文字への対応など幾つかのユースケースを交えながら解説します。是非、ご覧下さい。

寄稿概要

媒体名:@IT
記事タイトル:Pythonで学ぶデータラングリング――文字抽出、フィルタリングを試してみよう
URL:
執筆者:Giovanni Gatti De Giacomo(ジョバンニ・ガッティ・デ・ジャコモ)、Vipul Mishra(ビプル・ミシュラ)
掲載日:2022年12月15日(木)

@IT(アットマーク・アイティ)について

@IT(アットマーク・アイティ)は、技術解説を中心とした特集記事や連載、Tips、ニュースなどを提供し、システム設計・構築に携わるITエンジニアの大きな支持を得ています。
システム構築におけるすべてのステップで役立つ情報をクラウド、セキュリティ、AI IoT、アジャイル/DevOpsの4カテゴリから発信しています。

日本経済新聞 "Inside Out"シリーズにて、弊社グローバル採用について、また人事担当 中山のコメントが電子版(2022年12月12日付)、紙面(同年12月13日付)にそれぞれ掲載されました。
IT人材が不足する中、世界では国境をまたぐテレワークが広がるも日本での浸透が難しいいう記事内で、弊社の雇用状況、グローバル採用について中山のコメントとともに紹介されています。

掲載紙:日本経済新聞
発売年月日:2022年12月13日
コーナー:Inside Out
掲載見出し:テレワーカー、国境越え獲得競う 日本の大手は導入遅れ
掲載面:13面

詳細は、掲載ページ(日経電子版)をご覧ください。
▼日経電子版(2022年12月12日)
テレワーカー、国境越え獲得競う 日本の大手は導入遅れ

前へ