Yarakuzen
Yarakuzen

2024 年 6月 06 日

翻訳アプリおすすめ4選!無料音声翻訳の選び方をご紹介

翻訳アプリおすすめ4選!無料音声翻訳の選び方をご紹介

海外との会議や海外旅行に行った時などに、うまく相手とコミュニケーションが取れずに困った経験がある方もいるのではないでしょうか。言語の壁が原因で、相手との信頼関係が崩れたり、せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことは避けたいです。そんな時におすすめなのが音声翻訳アプリです。

本記事では、無料で簡単に使える音声翻訳アプリ5選と、アプリの選び方の3つのポイントを中心に解説します。自分に合った翻訳アプリを探している方はぜひ参考にしてください。 

 

 

 

無料で使えるおすすめの翻訳アプリ

音声翻訳アプリは、リアルタイムの音声翻訳ができるので、海外旅行やビジネスシーンでは欠かせない存在です。相手の発音が聞き取れない時でもテキストで翻訳してくれるアプリや、画像翻訳ができるアプリもあり、世界中の多くの人々に利用されています。それぞれの翻訳アプリの特徴や機能を理解して、自分にぴったりのアプリを選びましょう。

 

音声翻訳アプリの選び方3つのポイント

音声翻訳アプリは、旅行やビジネス、日常生活でのコミュニケーションに非常に役立ちます。しかし、多くのアプリが存在する中で、どれを選ぶべきか迷うことも多いでしょう。この記事では、音声翻訳アプリを選ぶ際に重視すべき3つのポイントを紹介します。翻訳精度、使いやすさ、オフライン使用の3つのポイントを押さえることで、より快適に言語の壁を乗り越えられます。

 

【Point1】翻訳精度

翻訳精度は、音声翻訳アプリを選ぶ際の最も重要なポイントの一つです。正確な翻訳ができるアプリを選ぶことで、コミュニケーションの誤解を避けられます。医療や法律関係の専門用語を正確に翻訳できるアプリは、ビジネスシーンや緊急時に非常に役立ちます。Google翻訳などは、膨大なデータを基にした高い翻訳精度を誇ります。レビューや評価を参考に、用途に合ったアプリを選びましょう。

 

【Point2】使いやすさ

使いやすさも重要なポイントです。画面が直感的で操作が簡単なアプリは、誰でもすぐに利用できます。例えば、旅行先で急いで翻訳を使いたい時に、操作が複雑だと困ります。シンプルなデザインや、音声入力、ワンタップ翻訳などの機能があるアプリが便利です。また、多言語対応やユーザーサポートの充実度も使いやすさに影響します。無料の試用期間を利用して、自分が使いやすいと感じたアプリを選ぶと良いでしょう。

 

【Point3】オフライン使用

オフライン使用が可能なアプリは、インターネット環境が不安定な場所でも安心して使えます。特に海外旅行では、現地のWi-Fi環境が整っていないことも多いため、オフラインでも使用できるアプリが便利です。例えば、Google翻訳は事前に言語データをダウンロードしておけば、オフラインでも高精度な翻訳が可能です。オフライン機能があるアプリを選ぶことで、いつでもどこでも翻訳を利用できます。

このように、翻訳精度、使いやすさ、オフライン使用の3つのポイントを押さえて、自分に合った音声翻訳アプリを選びましょう。

 

 

【Android/iPhone対応】おすすめの無料音声翻訳アプリ4選

アプリ名

テキスト翻訳

音声翻訳

画像翻訳

オフライン使用

言語数

特徴

Google翻訳

133言語

リアルタイム会話モード、手書き入力

Microsoft翻訳

70言語

マルチユーザー会話モード、フレーズブック

Papago

✓(テキストのみ)

13言語

webサイト検索、会話機能

iTranslate翻訳

100言語

辞書機能、フレーズブック

※2024年6月時点

 

英語の翻訳におすすめのアプリ

英語の翻訳アプリは、旅行やビジネス、学習など、さまざまな場面で役立ちます。このセクションでは、特に英語の翻訳に優れたアプリを紹介します。翻訳精度が高く、使いやすいアプリを選ぶことで、英語圏でのコミュニケーションがスムーズになります。

 

Microsoft翻訳

Microsoft翻訳
出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.translator&hl=ja&pli=1

  1. 高精度な英語翻訳
    Microsoft翻訳はニューラル機械翻訳を導入しており、いままでの統計的機械翻訳よりも自然で高精度な英語翻訳ができます。文全体の文脈を考慮して翻訳するため、単語単位の翻訳よりも流暢な英語に翻訳できます。
  2. 専門用語のカスタマイズ
    Custom Translatorという機能により、ビジネスや業界特有の専門用語を正しく英訳するようにカスタマイズできます。この機能により、専門分野の単語や文章も素早く適切な英語表現に翻訳できるようになります。
  3. 多言語間の会話翻訳
    マルチデバイス会話機能により、最大500人までの多言語間のグループ会話をリアルタイムで英語に翻訳できます。モバイルアプリだけでなく、ウェブブラウザからも利用可能で、国際的な会議など幅広いシーンで活用できます。

 

ダウンロード(iOS)
ダウンロード(Android)

 

韓国語の翻訳におすすめのアプリ

海外旅行でも定番の韓国。韓国語の翻訳アプリは、旅行や韓国語の学習に非常に役立ちます。こちらの記事では、特に韓国語の翻訳に優れたアプリを紹介します。韓国語特有のニュアンスや表現を正確に翻訳できるアプリや、日韓翻訳に特化したアプリもあります。ぜひチェックしてみてください。

 

Papago

papago翻訳アプリ
出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.naver.labs.translator&hl=ja

  1. 高精度な韓国語翻訳
    Papagoは、韓国最大のインターネットサービス会社NAVERが開発した翻訳アプリです。日韓翻訳が得意で、日常会話からビジネスシーンまで使えるフレーズを検索できます。
  2. 多機能な翻訳方式
    テキストや音声翻訳のほか、手書き入力やリアルタイム会話翻訳にも対応しています。実際の旅行中の会話の場面で活用しやすいのがおすすめです。
  3. オフライン対応
    Papagoは韓国語・英語・中国語など主要な13言語に対応しており、収録されている13言語全てがオフラインでも使用可能です。事前に通訳ダウンロードは必要なので、使用したい言語はあらかじめダウンロードしておくことをおすすめします。

 

ダウンロード(iOS)
ダウンロード(Android)

 

中国語の翻訳におすすめのアプリ

いまや英語と並ぶほど定番となった中国語。ビジネスや中国語学習、お店の接客時の会話などに非常に役立ちます。こちらの記事では、特に中国語の翻訳に優れたアプリを紹介します。簡体字と繁体字の両方に対応し、ピンイン(発音ガイド)を表示してくれるアプリや、手書き入力が可能なアプリがあります。中国語翻訳アプリを使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

 

Google翻訳

Google翻訳_アプリ
出典:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=ja

  1. 100以上の多言語対応
    Google翻訳は100以上の言語に対応しており、中国語は(簡体字・繁体字)どちらにも対応しています。中国語は地域によって字体だけでなく用語も異なる場合があるので、両方とも翻訳可能なGoogle翻訳はとても便利です。
  2. 音声入力の精度
    Google翻訳は、音声入力の精度が高いのが特徴です。Googleが持つ膨大なデータやAIを駆使して作成された翻訳は、より正確で自然な翻訳をすることができます。読み上げ機能もあるので、発音のチェックにも活躍します。
  3. 操作が簡単
    画面がシンプルで、言語を選んで翻訳したいテキストや画像を選ぶだけで簡単に使うことができます。無料アプリですが広告が入っていないのでとても使いやすいです。

 

ダウンロード(iOS)
ダウンロード(Android)

 

 

翻訳アプリのメリット・デメリット

メリット:
翻訳アプリの魅力は、スマートフォンで手軽に使える点です。海外旅行の際は、荷物を少しでも減らしたいものです。アプリなら、普段使っているスマートフォンから簡単に利用できるので、持ち運びが楽です。翻訳機はポケットがかさばり、不快に感じることもあります。また、スリムでない翻訳機は、スマートフォンに比べて出し入れが面倒です。

デメリット:
海外旅行中はスマートフォンを使う機会が多いため、翻訳アプリを頻繁に使用するとバッテリーが早く減ってしまいます。モバイルバッテリーの準備は必須でしょう。インターネットの接続が不安定な場所では、スムーズに翻訳できないことがあります。翻訳アプリによっては、特定の言語を事前にダウンロードできるオフライン機能があるアプリもあるので、活用すると便利です。

 

 

翻訳アプリの効果的な活用方法

翻訳アプリは、日常生活やビジネス、旅行先でのコミュニケーションにおいて非常に役立ちます。外国語の書籍やメニューの翻訳、ビジネスメールや会議での使用、旅行先で道を尋ねる時や観光情報を調べる時など、多くのシーンで活用できます。

ここからは、日常生活、ビジネスシーン、旅行先の3つのシチュエーション別に、翻訳アプリの具体的な活用方法を詳しく紹介していきます。それぞれのシチュエーションでどのようにアプリを使うと便利かを解説していくので、ぜひ参考にしてください。

 

日常生活での活用法

翻訳アプリは、日常生活においても非常に便利です。例えば、外国語の書籍や記事を読む時に使ったり、外国の友人とメッセージを交換する際に活用できます。また、スーパーやレストランで商品の説明やメニューを理解するためにも役立ちます。特に多言語対応のアプリを使えば、異なる言語を話す人々とのコミュニケーションがスムーズに行えます。

日常生活での活用事例

シチュエーション

活用方法

買い物

商品のラベルや説明書を翻訳し、成分や使い方を確認する

外国語の学習

書籍や記事の不明な単語やフレーズを翻訳し、辞書機能や例文を利用する

外国人の友人とのメール

外国人の友人とメッセージや会話をする際に、翻訳アプリを使ってスムーズに交流する

 

ビジネスシーンでの活用法

ビジネスシーンでは、翻訳アプリはプレゼンテーションや会議、メールのやり取りに大いに役立ちます。例えば、国際会議での同時通訳として使用したり、外国の取引先とのメールや文書のやり取りで正確な翻訳を得るために利用できます。特に高精度な翻訳が求められるビジネスシーンでは、信頼性の高いアプリを選ぶと良いでしょう。

ビジネスシーンでの活用事例

シチュエーション

活用方法

国際会議やプレゼンテーション

同時通訳として使用し、異なる言語を話す参加者とスムーズにコミュニケーションを取る

ビジネスメールや文書の翻訳

外国の取引先とのメールや契約書を正確に翻訳し、誤解のないコミュニケーションを行う

海外出張時の現地コミュニケーション

ホテルチェックインやタクシーの手配、現地スタッフとのやり取りに活用する

 

旅行先での活用法

旅行先では、翻訳アプリは欠かせないツールと言えるでしょう。現地の人とのコミュニケーションや道案内、観光情報の取得など、あらゆる場面で活用します。現地のレストランでメニューを撮影して内容を調べたり、交通機関の案内を確認する時にも翻訳アプリが役立ちます。オフラインで使用できるアプリを選べば、インターネット環境がない場所でも安心です。

 

旅行先での活用事例

シチュエーション

活用方法

道案内や観光情報の取得

現地で道に迷った時に、町の人に道を聞いたり、観光スポットの情報を翻訳して取得する

レストランでの注文

海外のレストランでメニューを翻訳し、食事の注文に利用する

公共交通機関の案内表示の翻訳

電車やバスの時刻表、乗り換え案内を翻訳して、スムーズに移動する

 

 

正確な翻訳を得るためのコツ

翻訳アプリを利用する際には、翻訳の正確性を上げる方法を知っておくことが重要です。適切な使い方やコツを取り入れることで、より正確な翻訳を得られます。翻訳アプリを使う時の注意点や、正確な翻訳を得るためのコツを紹介します。

 

入力する文章に関するコツ

文法やスペルミスを確認する:
翻訳アプリは入力されたテキストをそのまま翻訳するため、元の文章に文法やスペルのミスがあると誤訳の原因になります。入力前に文章を確認し、正しい文章を入力するようにしましょう。

 

短く簡潔な文章を使用する:
長く複雑な文章は翻訳が難しくなりがちです。できるだけ短く簡潔な文章に分けて入力することで、より正確な翻訳が期待できます。

 

専門用語やスラングに注意:
専門用語やスラングは、翻訳アプリが正確に翻訳できない場合があります。一般的な言葉に置き換えるか、補足説明を加えると良いでしょう。

 

言語ペアの特性を理解する:
翻訳アプリは言語の組み合わせによって得意・不得意があります。例えば、英語から日本語への翻訳は比較的正確ですが、他の言語では誤訳が発生しやすいことがあります。使用する言語ペアの特性を理解し、適切に利用することが重要です。場合によっては、辞書や他の翻訳アプリも併用して確認しましょう。

 

文脈を考慮する:
翻訳アプリは文脈を理解するのが苦手な場合があります。文脈を無視すると、誤訳や不自然な翻訳が発生しやすくなります。

英語の例:ビジネスのメール
「We will address this issue next week.」という文章は、「address」を「対処する」と訳すか、「住所を書く」と訳すかで意味が変わってしまいます。前後の文脈から「この問題に対処する」と正しく訳すことができます。

翻訳する際には、前後の文章を読み返して文脈を把握するようにしましょう。これにより、適切な単語選びができます。また、不明瞭な部分や多義語を使用する場合は、必要に応じて補足の説明を追加することで、誤訳を防ぐことができます。

 

翻訳アプリの使用方法に関するコツ

複数の翻訳アプリを併用する:
一つの翻訳アプリに頼らず、複数のアプリを併用することで、異なる翻訳結果を比較し、より正確な翻訳を選べます。例えば、Google翻訳とMicrosoft翻訳を併用することで、より精度の高い翻訳が期待できます。

 

辞書機能を活用する:
翻訳アプリには辞書機能が搭載されているものがあります。特に専門用語や難しい単語を翻訳する際には、辞書機能を活用して意味を確認すると良いでしょう。

 

専門家(人)によるチェックを加える:
最終的には、人によるチェックを加えることが最も正確です。例えば、ビジネス文書や公式な書類を翻訳する際には、専門の翻訳者やネイティブスピーカーに確認してもらうと良いでしょう。合わせて、法律文書や医療関連など専門知識が必要な業界については、専門の翻訳会社に依頼することで、より高い正確性を確保できます。こうした外部からのチェックを受けることで、誤訳による誤解やトラブルを防ぐことができます。

 

より精度の高い翻訳結果を出すためには、原文(翻訳する文章)を整える作業である「プリエディット」が重要です。プリエディットの詳しいやり方については以下の記事で紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。


【プリエディット編】自動翻訳で正確な訳文を出す方法

 

 

よくある質問

無料の翻訳アプリでも十分に使えますか?

多くの無料翻訳アプリは高精度で使いやすいです。Google翻訳やMicrosoft翻訳などは無料でも利用でき、様々な機能を備えています。ただし、企業で使用する場合には有料版のビジネスプランを用意しているサービスもありますので、各アプリのウェブサイトを調べてみてください。

 

翻訳アプリでどんなことができますか?

翻訳アプリでは、スマートフォンのマイクに向かって話す「音声翻訳」や、わからない文章をコピーして翻訳する「テキスト翻訳」、カメラを使った「画像翻訳」が可能です。このような機能を活用すると、言語が異なる方とのコミュニケーションがスムーズに行えます。

 

オフラインで使用できる翻訳アプリはありますか?

Google翻訳やMicrosoft翻訳など、事前に言語データをダウンロードしておくことでオフラインで使用できるアプリがあります。旅行や出張時にインターネットが使えない場所でも安心なので、ぜひ活用してみてください。

 

 

【必読】セキュリティに関する注意

無料の翻訳アプリは、翻訳品質を向上させるために、入力された文章を二次利用する可能性があります。そのため機密情報や個人情報を含む文書の翻訳にはリスクが伴い、ビジネスユースには適していません。特に企業の機密情報が漏洩するリスクが高いので使用には十分注意しなければなりません。

引用======

ユーザーがコンテンツをアップロード、提供、保存、送信、または受信すると、ユーザーは Google(および Google と協働する第三者)に対して、そのコンテンツについて、使用、ホスト、保存、複製、変更、派生物の作成(たとえば、Google が行う翻訳、変換、または、ユーザーのコンテンツが本サービスにおいてよりよく機能するような変更により生じる派生物などの作成)、(公衆)送信、出版、公演、上映、(公開)表示、および配布を行うための全世界的なライセンスを付与することになります。

======

本サービス内のユーザーのコンテンツ│Google 利用規約

 

要約すると、Google翻訳で入力した文章やファイルについてはどのようなものであっても、送信したり公開したりするライセンスをGoogleに与える、というものです。入力した内容はGoogleが自由に使って良い、ということです。

もしもビジネスユースで翻訳アプリを使う際は、SSLによる暗号化通信、定期的な脆弱性テスト、ファイアウォールによる不正アクセス防止対策など、セキュリティ対策がされているアプリを使いましょう。

 

 

まとめ

翻訳アプリは、日常生活、ビジネス、旅行先など、さまざまなシチュエーションで役立つ便利なツールです。正確な翻訳結果を得るためには、アプリの選び方や使い方に注意し、翻訳精度や使いやすさ、オフライン対応などのポイントを押さえることが重要です。翻訳アプリを活用するコツには、文脈を考慮し、複数のアプリを併用するなどの工夫をするといったポイントもご紹介してきました。

最後に、専門的な内容や重要な文書の翻訳には、複数の翻訳サービスの比較や専門家の翻訳会社によるチェックを加えることで、誤訳を防ぎ正確性を高められます。ビジネスユースでは、セキュリティが保証された翻訳アプリを使い、言語の壁を越えたグローバルコミュニケーションを目指しましょう。

 

 

Yaraku

この記事の執筆者:

翻訳者や自動翻訳研究者、マーケターなどの多種多様な専門分野を持つライターで構成されています。各自の得意分野を「翻訳」のテーマの中に混ぜ合わせ、有益な情報発信に努めています。