AI自動翻訳サービス・機械翻訳|ヤラクゼン

【コラム】不思議の国のエストニア、五つの特徴

こんにちは、今月から八楽でインターンを始めたPaul/ポールです。

言語とマーケティングの仕組み両方に興味を持って、八楽でのインターンは非常にいい機会に見えました。出身は北欧の小さな国、エストニアです。今日は読者に母国を紹介して、いくつかの特徴をあげたいと思います。

1.歴史が深い

数世紀にわたって、5つの国によって支配されてきたエストニアには、その国々の要素がまだ入っています。時間的な順番に並べたら、それらの国はデンマーク、ドイツ、スウェーデン、ポーランド、そしてロシアです。特にドイツ、ロシアとの関係が深くて、エストニア特有の文化以外、その二つの国民と共通点がかなり多いです。

そして、1154年に創立された首都のタリン市に、複雑な歴史の影響はよく見えます。タリン市の中心部にある旧市街で、豪華な教会や城壁など、現在まで御覧になれます。丁度今はクリスマスシーズンですから、旧市街は飾り物で輝いています。

ところで、最近は日本人の観光客も増えてきています。最近3年で2倍に増えました。


(タリン旧市街@クリスマス)

2.人口が少ない

エストニアの面積は4万5千平方キロメートルで、九州本島の1.23倍です。かなり小さいですが、このわずかな国土にいる人々の数は、さらに恐らくびっくりするほど少ないです。エストニアの人口は130万人です。それは日本の人口の100分の1になります。そして中国の丁度1000分の1です! しかし、人が少ないからこそ、自然との共存を楽に感じられます。

3.空気が綺麗

エストニアは大自然が豊かな国です。2011年のWHO(世界保健機関)の大気汚染の調査では、エストニアは世界で空気が1番綺麗な国です。エストニア国士の半分以上は森に覆われています。そして残りの国土の4分の1は植物のバラエティーが多い湿原。美しい自然に癒されます。
)

4.ITが強い

エストニアはe-Estoniaとも呼ばれているほど、知る人ぞ知る、IT最先進国です。エストニアは世界でスタートアップ会社が一番多い国です。インターネット電話サービスの「Skype」は一番有名でしょう。海外送金サービスを提供している「Transferwise」の人気も最近上がる一方です。エストニアでは政府すらさまざまなサービスを上手く電子化できました。日本が導入したマイナンバー制度はエストニアのIDカード制度を基にしています。

5.美人が多い

エストニアは人口に占めるファッションモデルの割合が世界で一番多い国です。街中を歩くときも、美人をよく見かけます。
どうして美人が多いのかと言えば、個人的な仮説として、東西南北いろんな民族と関わってきたエストニア人は、皆ある程度混血だからです。
エストニアについて質問があれば、遠慮せず聞いてください。

Exit mobile version