Yarakuzen
Yarakuzen

2022 年 6月 06 日

AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」の機能がVer.4.2.0にアップデート。6月18日より提供開始 ーポストエディットが手軽にできるチェックアシスタントが登場ー

八楽株式会社が提供するAI+人で生産性を高めるAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」がVer.4.2.0にアップデートし、新機能を追加したことをお知らせいたします。

チェックアシスタント機能の追加に加え、「あいまい検索」を広範囲に参照、ショートカットキーの追加によるユーザビリティの向上など、ヤラクゼンをより手軽に効率良く利用できるようになりました。

■AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」Ver.4.2.0 新機能開発の背景

自動翻訳の精度は近年格段に進化しましたが、依然として固有名詞や数字の間違い、訳抜け、文法・スペルミスもあり、自動翻訳の結果をそのままビジネスに使用すると、重大な問題に発展する場合があります。

Read more: AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」の機能がVer.4.2.0にアップデート。6月18日より提供開始 ーポストエディットが手軽にできるチェックアシスタントが登場ー

そのためAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」には、自動翻訳後に人の手で修正できるポストエディット機能を搭載しています。

ヤラクゼンのユーザー様からはポストエディット機能を評価いただく一方で、

  • ポストエディットが難しい
  • どこを編集すればいいのか分からない
  • どこを注意して確認すればいいのか分からない

などの声を多くいただきました。

そこで今回のアップデートでは、ポストエディット機能をより簡便に使えるよう「チェックアシスタントの追加」「逆翻訳機能の追加」等を行い、2022年6月18日よりユーザー様への提供を開始いたします。今後もユーザー様の声を元に継続して機能改善を行い、より多くの企業様における生産性向上に寄与してまいります。

■AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」の主要な新機能

1.チェックアシスタント追加

自動翻訳エンジンの苦手分野である、数字や代名詞がチェックアシスタントによって可視化されます。ポストエディットでまず確認すべき箇所がすぐにわかり、修正作業が容易になりました。

  • 青色(フレーズとの一致)
  • 黄色(固有名詞、数字間違い)
  • 赤色(文法間違い、スペルミス)


2.右サイドパネルで「あいまい検索」が可能に

今までよりも広範囲に、過去に編集・保存した文を検索して参照することができるようになりました。


3.Undo & Redoのショートカットキーが追加

Undo:操作を元に戻す(Ctrl+Z)Redo:操作を繰り返す(Ctrl+Shift+Z)

上記の操作で簡単にUndoとRedoを行うことができるようになりました。


4.ポストエディット後の翻訳文にも逆翻訳が可能に

今までも右サイドパネルで複数の自動翻訳エンジンによる訳文を逆翻訳できましたが、今回のアップデートでポストエディット後の編集文に対しても逆翻訳が可能になりました。
1回クリック:原文の真下に逆翻訳文が表示。再度クリックすると非表示になります。


5.セッションタイムアウトの開始

【ログアウト後のログイン方法】

ログインページに、「ログイン状態を維持する」のチェックボタンが追加されます。

☐チェックなし(デフォルト):2時間全くアプリを使用しなかった場合に、自動ログアウト。

☑チェックあり:自動ログアウト設定が2時間➔1か月間に延長。(1か月間全くアプリを使用しなかった場合、自動ログアウト)

※カンパニー管理者は、「カンパニー設定>設定」ページでセッションタイムアウト時間を変更できます。

■AI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」のその他の新機能

1.編集ページの新機能

1-1. ドキュメントタイトル/ブックマークアイコン/公開アイコン の位置が中央へ移動

1-2. 原文/並列ビュー/プレビュー タブがアイコン表示に

1-3. ダウンロードボタンの色を赤に変更

1-4. 共有する/注文する/お見積り の各ボタンを、画面右上「コラボレーションボタン」に集約

1-5.翻訳状況バーの更新

   

編集ページ中央上の「翻訳状況バー」をクリックすると、「翻訳状況」(確認状況とフレーズ一致状況)が表示され、その他「編集アシスタント」と「検索と置換」タブが選択できます。

  • 翻訳状況タブ
    • 確認済み・フレーズ一致状況を確認できます。
  • 編集アシスタント
  • デフォルトではすべてチェックがついていますが、確認したい項目のみ手動でつけたり外したりできます。
  • 検索と置換
    • ショートカットキー(Ctrl+F/⌘+F)もそのまま残りますが、メニュータブに「検索と置換」が追加され、より見つけやすくなりました。

1-6. 確認ボタンをチェックしたユーザー名の表示

「右サイドパネル>改訂履歴」に、誰がいつ確認ボタンを押したかの履歴が残ります。

2.設定ページの新機能

2-1.注文・見積もりボタンの非表示設定

「カンパニー設定 - 設定」ページに、新しい項目「翻訳の発注」が加わります。編集ページの [注文する] [お見積り] ボタンを非表示にしたい場合は、こちらで「注文と見積り」のチェックを外してください。

(デフォルトでは「注文と見積り」にチェックが入っています)

2-2.カンパニー注文履歴の追加

カンパニー設定に、新しい項目「カンパニー注文履歴」が加わります。こちらで、あなたのカンパニーアカウント内の全メンバーの注文履歴を確認できます。

カンパニーアカウントの各部署のユーザーが個別に発注した場合、このページで発注履歴を確認しながら、請求を部署ごとに分けることができます。

2-3.アクセスログの取得

アクセスログ取得に関するご要望を多くいただいたため、今回のアップデートよりアクセスログの取得を開始いたします。

「カンパニー設定>アクセスログ」ページから取得可能。

  • タイムスタンプ(すべてのログインとページリロード)
  • IPアドレス
  • 保管期間:6か月

2-4.お問い合わせアイコンの位置変更

お問い合わせアイコンが「設定ページ>お問い合わせ - フォーム」に移動します。

3.スタートページ・ドキュメントページの改善

3-1.ファイルアップロード枠内に、【あなた / カンパニー全体】での累計翻訳文字数の表示

3-2.歯車アイコン上に、選択中のエンジンをアルファベット表示

3-3.「翻訳スタート」ボタンに翻訳アイコン追加

ドキュメントをアップロードする場所(右下)に、あなた(カンパニー)がこれまで(*1)翻訳してきた累計文字数が表示されます。(*1)アカウント作成後からの累計文字数。

翻訳中に、現在の 【マイドキュメント / マイフレーズ】 の登録数と 【カンパニードキュメント / カンパニーフレーズ】 の登録数が表示されます。

カンパニーデータ

  • 100未満➔非表示
  • 100以上➔表示

マイデータは随時更新。

カンパニーデータは1日1回の更新。

3-4.【マイドキュメント / カンパニードキュメント / ヤラクドキュメント】 がプルダウン方式に変更

3-5. 「新規作成する」ボタンから、自動翻訳するスタートページに飛ぶことが可能に。

3-6. ドキュメントページの項目列の順序変更

【マイドキュメント / カンパニードキュメント / ヤラクドキュメント/ゴミ箱】が、ドキュメントページの中央上から、プルダウン方式で選ぶ形に変更されます。また、左上にスタートページに飛べる「新規作成する」ボタンが追加されます。

列の項目が左から、チェックボックスアイコン、ブックマークアイコン、「最終更新」、「カテゴリ/エンジン」、「タイトル」、「共有状況」、「翻訳状況」、そして「言語/文字数」になります。

3-7. 共有ドキュメントアイコンに 【作成者 / 共有ユーザー】 を記載

ドキュメントページでは共有中のドキュメントに共有アイコンが表示されます。そのアイコンにオンマウスした際に注釈として、そのドキュメントの作成者名と共有ユーザー名が表示されます。

4. みんなの自動翻訳@KI(商用版)に新エンジン追加

みんなの自動翻訳@KI(商用版)は、国立研究開発法人情報通信研究機構 (NICT) が開発する翻訳エンジンです。今までは汎用、特許、金融の3つの分野から選択できましたが、今回のアップデートで「法令契約エンジン」と「金融サービスエンジン」が追加されます。

4-1. 法令契約エンジン

法令集を学習ベースに構築し、専門分野の翻訳に特化した機械翻訳エンジンです。

法令の翻訳のほか、契約書などでも質の高い訳出結果が得られます。

4-2. 金融サービスエンジン

「金融サービスエンジン」は、庁内や業界団体、民間金融機関等から金融関連の対訳データをもとに開発されたエンジンです。

翻訳精度が大幅に向上し、金融専業翻訳者レベルの訳文の割合が約2割から約5割にまで上昇しました。

従来の金融サービスエンジンは IR / 適時開示文書に特化したエンジンでしたが、今後は金融分野全般に特化したエンジンになります。