Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

March 22, 2019

人間による翻訳の間に何が失われるのでしょうか?

どの言語を学んでいる、どの学生にもかかわらず、音声、構文、および文法が慣れ親しんだ言語とは大きく異なることがある新しい世界に没頭している人は新しい言語を学ぶことが如何に難しいかを教えてくれます。では、彼らがある言語から別の言語への翻訳をする際に考えていることを想像できるでしょうか?

人間は間違いもしますし、私たちはそれらの間違いの全てがどのような内容であるかは把握できないため、翻訳が行われると、その都度重要な情報や意味合いが失われるリスクが非常に高くなります。よって、目的とするメッセージが変わってしまう場合が多々あります。では、人間によって行われている音声翻訳(通訳)ではどんなものが失われる可能性があるのでしょうか?

adults-analysis-brainstorming-1661004

人間の翻訳者が直面する最大のジレンマの1つは、翻訳の意味を実際のテキストのソースに忠実に保つことと、メッセージを目的の言語、文化、および聴衆に合うように適応させる方法を見つけることとの間に適切なバランスを見つけることです。多くの人は翻訳は簡単な作業だと考えていますが、実際には、翻訳者は良い翻訳を生み出すために双方の言語のそれぞれの特徴や難点に精通している必要があるため、適切な翻訳を行うには非常に高いスキルや経験が必要となります。


事例からみた例

特に文学界での人間による翻訳の使用を扱う事例は何千もあります。さらに、この研究のうちの1つは、ファンタジーまたはSFのジャンルで書かれたテキストは、異なる言語に翻訳されるときはいつでもその元の文化の持つアイデンティティと実際の意味のより大きな損失を示す傾向があることが証明されています。

つまり、これは、翻訳者が単語や構文の使用法に大して創造性を繰り出した場合、その本の著者が最初に書いた内容から想像もつかないほど遠ざかったものになると考えられます。したがって、これらは元のテキストの意味合いですら変えてしまいかねません。

更に加えて、翻訳者が訳文言語でそれに相当するものを見つけることができない、またはとある言語から得た情報を直訳しようとしているという問題が積み重なりどんどんと違うものへと変化していってしまいます。こうしたことは、詩的な作品が翻訳される場合、特に作者が新しい言葉を作ったり独自スタイルの描写を文章にて使用していると、原文と翻訳された文章との間にギャップが生まれやすくなってしまいます。


blue-background-book-literature-1340588


今私達が住んでいる新しいグローバル社会

今日、私たちが住んでいる世界はこれまで以上にグローバル化しているため、すべてのあらゆるものを翻訳するニーズが高まっています。国際的なニュースから文筆作品、さらにはスマートフォン用のアプリまで、さまざまなモノやコトが世界中のより多くの人々の手に渡るよう、翻訳される必要があります。こうすることで従来ある言葉の壁を乗り越え、コミュニケーションを効果的に行うことを可能にしています。

しかし、いくら我々の生活をより効率かつシンプルにしたとしても、これら機械翻訳システムや音声翻訳アプリの正しい開発進展と使用方法を確立することも必要不可欠です。これは、翻訳アプリや音声翻訳アプリは翻訳業界だけでなく、テクノロジー産業自体への在り方にも影響しかねないからです。

さらに言えば、人間の翻訳者と機械の翻訳者との間には、仕事上での共存的かつ協調的な関係が生まれることが不可欠です。最も重要なことは、人間による音声翻訳(同時通訳など)や文章の直訳でミスがあったり情報が損なわれている場合、機械翻訳が人間を補完・サポートできるという点です。こうすることでキーポイントと為る情報が損なわれる可能性を減らすことです。

もちろん、翻訳プロセスには手間がかかります。たとえば、音声翻訳アプリケーションやソフトウェアを作成するなどして、プロセスを簡略化するような努力がなされてきました。しかし、今後はさらに精度を高めていくために人工知能とコンピュータサイエンスの分野の進歩は不可欠です。

さらに、機械翻訳サービスの増加の背景にある理由は、この技術が人間の脳の機能・仕組みなどを主たる原理の基礎としている点です。通常情報がプロセスされる際、それらは分割され、様々なレイヤー構想的な考えによって、処理されます。つまり、人間によってなされた音声翻訳の間に失われる情報も、アルゴリズムの学習を繰り返し学ぶシステムの使用で補完され、解決されるかもしれません。

cranium-2099083_640

 

より適切な情報

言語学者または翻訳者は、1日に約2000から4000語を簡単に翻訳できるということを知っていましたか? この量は、さらに加えて音声翻訳がなされなければならないときは更に著しく減少します。それに対して機械翻訳は1分以内に同じ量を翻訳できてしまいます。特に人間による音声翻訳サービスと機械翻訳サービスの違いを比較する場合、この情報は知っておくことが重要です。


最後に...

人間による音声自動翻訳の過程で情報が失われるのには、さまざまな理由があります。あまりにも速すぎる会話スピード、理解できないアクセント、また翻訳者自身が正しい翻訳方法を知らない、など、テキストやスピーチを翻訳することはある言語から別の言語への直訳以上が必要であることを認識しなくくてはなりません。

翻訳者が元のテキストやスピーチに大きな影響を与えるという理由があり、このために、単語の組み合わせ、文法、構文、構造、さらには口語表現を組み合わせ、常にフレーズを正確に翻訳する努力を為す必要があります。