Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

2月 21, 2019

南アメリカの翻訳市場規模

南アメリカは間違いなくチャンスの国です。南アメリカで翻訳市場の規模が拡大しているのにはいくつかの理由があります。そのダイナミクスは確実に変化しており、未来の国際的な顧客や投資家に、より多くの新しい刺激的な機会を提供しています。

この市場が直面している大きな変化には、絶え間ない新技術の開発やや、南アメリカ地域との商業的関係を発展させることを望む国際企業の増加が挙げられます。

南アメリカで絶え間なく成長している翻訳市場に注目するいくつかの理由を見つけるためにお読み続けください。
pexels-photo-401683

技術:

南アメリカの翻訳市場規模が拡大している理由には、言語サービスプロバイダだけでなく、オンライン上での絶え間ない市場拡大による技術的観点からの新しい需要が挙げられます。

この業界で成長を遂げるために必要な技術は、コンテンツのローカライズの需要(特に南アメリカなどの特定の経済分野内)と、他の言語に翻訳される必要がある大量のデータと関係しています。

現時点では、見つかった世界のデータの約36%は南アメリカなどの新興市場から直接来ていると言われています。今後3年間で、少なくとも62%は拡大すると予想されています。つまり、今後数年間で翻訳のニーズに対する需要が高まるでしょう。

アプリケーション:

プロの翻訳サービスは、南アメリカのような新しい潜在的な市場で業界が実施したい製品やサービスを宣伝するために持つことが非常に重要です。

一例として、南アメリカで増加している医療医薬品業界の翻訳が差し迫って必要とされています。あるいは、翻訳サービスは、ビザ取得に対する南アメリカの人々のニーズの拡大や、カナダやアメリカなどの他国に入国するための法的要件に適用されるかもしれません。特に最近では南アメリカで大規模な移民現象が発生しています。


業界分析レポート

南アメリカの市場では、翻訳サービスプロバイダが注力しなければならない2つの主要言語があります。スペイン語とブラジルのポルトガル語です。

スペイン語は、マンダリンの次に世界で2番目に話されている言語です。一方、ブラジルは世界で最も急成長している経済の1つであるため、南アメリカの持つ潜在的なビジネスに非常に魅力を感じることは、驚くべきことではありません。

いくつかの業界がこの地域での活動を拡大しているため、南アメリカでもプロの翻訳サービスの必要性が高まっているのはこのためです。


地域的な見解

南アメリカの翻訳市場は、確かに数年前から需要が高まっており、非常に競争が激しいように見えますが、現時点ではこの地域ではあまり開発されていない市場です。

翻訳サービスに関わる企業がますます多くの地域で出現しており、これには2つの利点があります。 a)多くの雇用を生み出されます。 b)機械翻訳の研究も手掛けており、世界の翻訳市場において非常に重要で関連性が高いものです。


成長の可能性

南アメリカ市場が前回の世界経済危機の際、その影響を実感するまでに時間がかかった理由の1つは、南アメリカが収入を得るために多くの西洋圏の国々にを依存しているにもかかわらず、より経済的に自立するために自分自身を多様化する決断をしたためです。

本地域は世界の他の地域と同様な影響をまだ受けていないため、本地域の翻訳市場の規模が拡大する可能性が高いです。事実、ここ数年間にて、ブラジルは、特に翻訳産業などの産業において、非常に急速かつ安定した経済成長を遂げてきました。

価格的動向

南アメリカでは、アメリカ、ヨーロッパ、あるいは中東の一部の地域と比較しても、実際に価格が非常に低くなっているのは当然のことのようです。

南アメリカがゆっくりと強い経済市場になりつつあるとしても、それはまだその金融目的を達成することから遠い道のりです。

それにもかかわらず、南アメリカは翻訳サービスを提供する適切な会社を見つけるという点で、あるいはコストを削減するために外部委託される可能性があるフリーランサーを見つけるという点でも、競争力のある価格を提供します。

今後の予測

南アメリカはしばしば「発展途上の大陸」として分類されます、そしてこれは多くの分野、産業と市場にもあてはまります。しかし、ブラジル、チリ、コロンビア、ウルグアイなどの国々は、進歩を遂げ、いくつかの業界のリーダーになるために多大な努力を費やしています。

さらに、本地域は投資国である日本、アメリカ、中国などから急速に注目を集めており、特に翻訳市場に熱い視線が送られています。事実、ヨーロッパと北米が世界で最も多くの翻訳サービスプロバイダを保有しており、最近では南アメリカが3位を占めています。


結論として、南アメリカは今日、翻訳市場のように注意が必要な分野で事業と顧客を拡大したいと考えている国際企業にとって完璧な投資先であることを示しています。

さらに、南アメリカは、世界の他の多くの地域よりも賃金が安いものの、専門的かつ若い労働力を提供するという優れたシナリオを提示しており、投資家がこの地域の翻訳市場に投資する時が今こそやってきています。