Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

3月 07, 2019

人間による翻訳は、現在でもまだ必要なのだろうか?

pexels-photo-1329068

文章を翻訳する作業は簡単なことではありません。実際のところ、とても難しいというのが事実です。翻訳中、ある言語がその読者に理解されるべき言語に変換されるためには大きな変貌を遂げる必要があります...これには間違いなく、翻訳者がプロジェクトを完了するための高い精密性と正確性を求められます。

新しく翻訳されたテキストは、それが完全に異なるトーン、声、そしてもちろん言語で書かれていたとわかっていたとしても、その言語で書かれたことを読者に納得させるぐらい自然である必要性があります。

したがって、翻訳の舞台裏では、ある言語から別の言語に翻訳するとき、取り巻くあらゆる文化的背景の要素を考慮に入れながら、文書化できるような、文化的に敏感かつ繊細な翻訳者が必要となります。翻訳を完成させるには、表現、スラング、さらにはアクセントなどの要素を考慮に入れられなければならないのです。

しかしここ数年、特にインターネットの重要性と日常生活での必要性が高まって以来、人工知能(AI)による迅速かつ簡単な翻訳のオプションを提供可能な機械翻訳サービスの需要が高まってきています。

また、この新しい技術には、機械翻訳(MT: Machine Translationと自動翻訳サービス(ATM: Automated Machine Translationの使用が含まれますが、それは「実際に人間翻訳(HT)と機械翻訳(MT)のどちらが顧客にとって有利なのか」という難儀な議論を醸し出すことにもなります。

機械翻訳の利用を求める企業がよく主張する利点は、自動翻訳がより簡単で、速く、そして費用効率が高いという点です。このような企業に所属する人たちは、伝えたいことを別の言語に翻訳するアプリや、ソフトウェアを使用します。しかし、多くの場合、これらの翻訳はなにかと誤りがあり、機械が翻訳した後に内容を、編集および校正する人間翻訳者の必要性が高まりつつあります。

たとえ機械(AI)が職場で人間に取って代わりつつあるという議論があったとしても、ほとんどの業界や産業において、機械が起こしているであろうエラーを確認するために依然人間翻訳者によるチェックが必要とされています。なぜなら、これらの翻訳者たちは他の文化に直訳が困難な語彙や表現を見つけるために必要な特別な文化的背景や感覚を付加価値としてサービス提供をするからです。

pexels-photo-595804

この10年ほどの間、グローバリゼーションと人工知能(AI)が圧倒的な躍進を成し遂げてきましたが、人間による翻訳は現在においても非常に重要です。機械翻訳に関しては多くの取り組みがなされ、多くの進歩を遂げてきたが、AI技術を利用した機械翻訳が行えることをさらに伸ばすためには、まだまだできることや改善の余地はたくさんあります。しかし、機械翻訳(MT)は人間翻訳(HT)よりもはるかに安価な翻訳サービスを提供する方法であることで広く認められています。MTは日々進歩していますが、それでもヒューマントランスレーションサービスからはほど遠いです。

機械翻訳(MT)と人間翻訳(HT)を利用したもう一つの新しい作業方法があります。これはよく複合翻訳サービス(ハイブリッド翻訳サービス)と呼ばれ、メインの翻訳は機械によって行われ、その後、人間翻訳者は翻訳されたテキストを確認します。翻訳された部分が文法的に正しく、読む人にとって理解しやすいものであること、そして文章が伝えようとしようとしている内容を表せているか、必要に応じて編集します。

では、本当に人間による翻訳は必要なのだろうか?robonaut-machines-dexterous-humanoid-39644

 

もちろん、人間による翻訳はまだ必要とされます。そして、今後数年間も必要とされ続けることでしょう。翻訳を行うソフトウェアの能力の高さに疑いの余地はありません。実際、機械翻訳は人間が歩んできた非常に長い道のりを、非常に短い期間で進んできましたらが、それでも人間による翻訳と比較すれば、まだ至らない点も多々あります。

おそらくそれほど遠くない将来、機械やソフトウェアが正しく必要な翻訳を行い、人間に取って代わる日も来るのでしょうが、今日現在、特に文化的側面、スラング、または現在の状況から考慮すると、機械翻訳(MT)にはまだまだ長い道のりがあります。

意味が他人に誤解されないような事実ベースのことや業界専門用語がメインの単純な文章を翻訳するとき、機械翻訳(MT)は非常によく機能するとも言えます。例をあげれば、ある企業が特定のコンテンツを別の言語に翻訳したい場合、自動翻訳による文章やフレーズのシンプルな翻訳によって、テキストの概要のみや全体的な意味を理解するのに非常に有効です。

 

結論として、自動翻訳は現在の世界では、人間翻訳者に依存せずに独立した立場にいる必要があるビジネスには非常に有用かつ妥当だと言えます。しかし、言語の複雑な表現を理解するためその言語を流暢に話すことができ、また言語に対して完全かつ一貫した展望を持つ人が必要です。

機械翻訳(MT)と人間翻訳(HT)は、長期的に有益となる可能性がある仕事を継続的に提供するため、長年にわたって協力してきました。しかし、機械翻訳の品質を向上させる唯一の方法は、人間による翻訳精度の見直しが必要であり、これが現在のように機械翻訳がより頻繁に使用されるになった世界でも依然として人間による翻訳が非常に重要である理由です。