Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

News
Blog

April 19, 2019

機械翻訳の歴史

今日も尚、機械翻訳は飛躍的な進歩を遂げています。当技術は学生の外国語の宿題を手伝うことからプロの翻訳者を支援することまで幅広いシーンで使われています。しかし、多くのアイデアと同様に、このテクノロジは一朝一夕でできあがったわけではありません。今日まで機械翻訳がどのように発展してきたかを見てみることが重要です。

 

ニューラル機械翻訳は、翻訳において次なるブレークスルーな技術として、多方面から期待を寄せられています。では、このテクノロジーがどのように機能するのか、またどこから来たのか、歴史や関連技術について詳しくみていきましょう。
 
typing_keyboard

ニューラル機械翻訳は、人工知能の分野で特に興味深いニッチです。伝統的に、ある言語を別の言語に正確に翻訳することが、機械では達成するのが難しかったため、今注目されています。では、ニューラル機械翻訳とはどんな技術なのでしょうか?今回の記事では、このニューラル機械翻訳という技術について見ていきます。

system-2660914_640

 

あなたのビジネスが国際市場で存在感を持っているならば、あなたが提供する製品やサービスのいずれかの人間による翻訳は間違いなくあなたがより広い聴衆に到達するために人間翻訳を考慮する必要があるはずです。

または、その一方で、あなたが国際市場により深い影響を与えたいのであれば、あなたはこれが人間の翻訳の使用を通してなされることができる方法を見つけるべきです。

adult-blur-business-325682

どの言語を学んでいる、どの学生にもかかわらず、音声、構文、および文法が慣れ親しんだ言語とは大きく異なることがある新しい世界に没頭している人は新しい言語を学ぶことが如何に難しいかを教えてくれます。では、彼らがある言語から別の言語への翻訳をする際に考えていることを想像できるでしょうか?

人間は間違いもしますし、私たちはそれらの間違いの全てがどのような内容であるかは把握できないため、翻訳が行われると、その都度重要な情報や意味合いが失われるリスクが非常に高くなります。よって、目的とするメッセージが変わってしまう場合が多々あります。では、人間によって行われている音声翻訳(通訳)ではどんなものが失われる可能性があるのでしょうか?

adults-analysis-brainstorming-1661004

音声翻訳アプリは結構前から存在していますが、海外旅行業や関連する産業の世界中の何百万という人々の間で勢いを増しているなかで、多くのユーザーが2019年はこの発明品がさらに大きく成長する年だと主張しています。

アプリを使用して、あるテキストを別のテキストに翻訳するのは比較的簡単です。しかし、単純なテキストではなく、同時に音声を翻訳し始める場合はどうでしょうか。一度クリックするだけで簡単に翻訳された音声メッセージが送れるサービス、それが音声翻訳アプリケーション(音声翻訳アプリ)です。

音声翻訳アプリケーションは、あなたが言う言葉を受け取り、それらをテキストまたは音声メッセージに変換して別の人に送り返すため、この方向に向かっています。
 
まだ時々、情報を受け取る人の近くにいたり、携帯のスクリーンを見せたり、翻訳自体を相手に聞かせたりする必要があるなどの「ぎこちなさ」も多少あります。しかし、当初この技術が開発されたときにできると思っていなかったようなことができるようになった現在、多くの人が驚きを隠さずにはいられません。

pexels-photo-1329068

文章を翻訳する作業は簡単なことではありません。実際のところ、とても難しいというのが事実です。翻訳中、ある言語がその読者に理解されるべき言語に変換されるためには大きな変貌を遂げる必要があります...これには間違いなく、翻訳者がプロジェクトを完了するための高い精密性と正確性を求められます。

新しく翻訳されたテキストは、それが完全に異なるトーン、声、そしてもちろん言語で書かれていたとわかっていたとしても、その言語で書かれたことを読者に納得させるぐらい自然である必要性があります。

したがって、翻訳の舞台裏では、ある言語から別の言語に翻訳するとき、取り巻くあらゆる文化的背景の要素を考慮に入れながら、文書化できるような、文化的に敏感かつ繊細な翻訳者が必要となります。翻訳を完成させるには、表現、スラング、さらにはアクセントなどの要素を考慮に入れられなければならないのです。

翻訳サービスプロバイダーについて話すためには、まずそれらの仕事がどのようなものであるかを知っておく必要があります。

翻訳サービスプロバイダ(TSP)は数年前から存在しています、彼らは時々クライアントに彼らの翻訳サービスを提供する翻訳機関と呼ばれます。カンパニーやクライアント群の状況に応じて、通訳やローカリゼーション、ソーシャルスキルの指導といった関連業務を行うこともあります。

個人が翻訳を行う場合、彼らは、ある言語の文章の言葉を「検索」し、別の言語の文章に変換するというプロセスを行っています。本から雑誌、さらにはサーチエンジンマーケティングの分野に至るまで、全てが翻訳の対象になります。言葉が存在すれば、それらは全て翻訳の対象になるのです。

多くの場合、翻訳サービスプロバイダは「ローカライゼーション」と呼ばれるものも提供しています。これは、翻訳サービスの質が特定の国、グループ、文化的背景または地理的領域のニュアンスによって特定されるときです。たとえば、フランス語に翻訳する場合、翻訳サービスプロバイダは、正確な翻訳とローカライズを行うために、言語が話されている場所とその文章の全体的な意味合いに焦点を当てます。

南アメリカは間違いなくチャンスの国です。南アメリカで翻訳市場の規模が拡大しているのにはいくつかの理由があります。そのダイナミクスは確実に変化しており、未来の国際的な顧客や投資家に、より多くの新しい刺激的な機会を提供しています。

この市場が直面している大きな変化には、絶え間ない新技術の開発やや、南アメリカ地域との商業的関係を発展させることを望む国際企業の増加が挙げられます。

南アメリカで絶え間なく成長している翻訳市場に注目するいくつかの理由を見つけるためにお読み続けください。

みなさんは世界中で4億人を超える人々が第一言語としてスペイン語を話していることをご存知ですか?さらにこうした人々のうち3億人が、中南米に住んでいることを知っていますか?

スペイン人がスペイン語で話すのを聞いたすぐ後に、中南米地域の人が同じフレーズを話すのを聞くと、発音や言葉づかいがどれだけ違うのかすぐに分かります。

同じ言語であっても、スペインのスペイン語とラテンアメリカのスペイン語には明確な違いがいくつかあります。要するに、イングランドと北米の英語が異なるのと似たようなものです。

  • Previous