Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

株式会社まんだらけ

自社で運営するECサイトの多言語化によって
海外売り上げ比率が20%に

ヤラクゼン導入前の課題:「毎日2,000以上追加される商品翻訳」

「クールジャパン」の流れの中、まんだらけ様のサイトを訪れる海外ユーザーは日に日に増えていました。

急増する海外ユーザーを見過ごすことは大きな収益機会を失うことにつながる一方、この状況を改善するような適切な翻訳ソリューションを見つけることもできずにいました。

なぜなら、まんだらけ様の取り扱う商品には一品ものが多く含まれるため、機械翻訳ではうまく情報が伝えられず、一方で膨大な品数を取り扱うため、毎日2,000以上追加される商品の翻訳をいちいち翻訳者に依頼するような形ではコストがかかり過ぎてしまうためです。

ヤラクゼンによる課題解決:「機械+人間でスピーディーに翻訳」

毎日追加・更新される商品情報をAPIを利用してまんだらけ様用にカスタマイズしたヤラクゼンの翻訳エンジンに送り、機械翻訳の翻訳結果をまんだらけ様のサイトに戻す仕組みを構築しました。

機械翻訳で得られた結果を外国語が得意な複数の社員が空き時間ごとに翻訳をするフローにすることで、

  • (1) 多言語サイトへの、追加された商品情報のスピーディーな反映
  • (2) 機械翻訳と人間による翻訳を組み合わせることで得られたコストと翻訳品質のバランス
  • (3) 翻訳結果をフレーズとして蓄積していくことによる独自翻訳エンジンの品質向上

を実現しました。

いまや、売上高における海外比率は20%に達し、同社の大きな収益源となっています。

他の事例も確認する

法人向けソリューションについて問い合わせる