Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

March 18, 2019

音声翻訳アプリは驚きの新発明なのか?

音声翻訳アプリは結構前から存在していますが、海外旅行業や関連する産業の世界中の何百万という人々の間で勢いを増しているなかで、多くのユーザーが2019年はこの発明品がさらに大きく成長する年だと主張しています。

アプリを使用して、あるテキストを別のテキストに翻訳するのは比較的簡単です。しかし、単純なテキストではなく、同時に音声を翻訳し始める場合はどうでしょうか。一度クリックするだけで簡単に翻訳された音声メッセージが送れるサービス、それが音声翻訳アプリケーション(音声翻訳アプリ)です。

音声翻訳アプリケーションは、あなたが言う言葉を受け取り、それらをテキストまたは音声メッセージに変換して別の人に送り返すため、この方向に向かっています。
 
まだ時々、情報を受け取る人の近くにいたり、携帯のスクリーンを見せたり、翻訳自体を相手に聞かせたりする必要があるなどの「ぎこちなさ」も多少あります。しかし、当初この技術が開発されたときにできると思っていなかったようなことができるようになった現在、多くの人が驚きを隠さずにはいられません。

技術の大きな進歩

adolescent-adult-beautiful-618544 (1)

つまり、どういうことかと言うと、とある言語で何かを言うと、電話の相手は希望した言語の翻訳音声を聞けるというアプリがもうすぐ世界の市場に広範囲で出回るようにります。ほんの数年前には、これはほとんど不可能だと思われていたものでしたが、そういった意味では、これはテクノロジーの大きな進歩です。

このレベルの技術は、単純な翻訳を作成する以上のことを必要とするため、これらの最新技術は、その作成者にとっては困難なプロセスであることもわかっています。実際、音声認識テクノロジと翻訳ソフトウェアは、他の多くの側面を考慮する必要があるため、もっとも確立させることが難しいテクノロジーの1つです。

このような状況としては文化的コンテクストや背景が直接に関連していることが起因しています。何か別の言語に翻訳するとき、不要な(かつ不快な)誤解をも避けるために、考えうるあらゆる文化的背景を考慮した上で文章を構成しないといけません。単なる一つの単語が、文全体の意味をガラリと変えることも充分にあり得ます。

音声翻訳アプリケーションが提示する可能性のある課題

この種のアプリが最初に抱える課題の1つは、それらが総合的にバランスの取れた翻訳サービスである必要があるということです。つまり、音声翻訳アプリを自社商材・サービスとして取り扱うような会社は、市場だけでなく、その製品が、アプリが再生する翻訳されたメッセージを頼りに業務やその他の国際的なやりとりをする個々の人々への影響を認識していなければなりません。

第二に、これらの種類のアプリが作成できる翻訳の品質に関してはたくさんの酷評があります。批判的な見解の人は、自動の音声翻訳は単なる一定水準の知的研究に留まるぐらいだろうと考えがちです。言い換えれば、人間同士のメッセージのやりとりが適切に翻訳されないであろうという印象を持ち、音声翻訳アプリの翻訳に非常に懐疑的にな人が多数います。したがって、国際企業や政治指導者たちの方々などがこの技術の正しい使用方法を理解するためには、少なくとももう2、3年は待たなければならないことでしょう。

そして、第三に、音声翻訳アプリは、2019年になによりも翻訳エラーを最小限に抑えることによるミスコミュニケーションの削減に焦点を当てるべきです。

carrying-casual-cheerful-1162964

世界の音声翻訳アプリ

さらに、国際的なグローバル市場を考慮すると、音声翻訳アプリは、スマートフォン端末や携帯電話端末を所有する人々に向けたマーケティングを行うことによって膨大な数の潜在顧客が存在する可能性があります。

このような技術が今日の世界で非常に意味があるのはこのためです。グローバル市場はどうにかしてさらに急速に成長し、今後も今までグローバルビジネスという概念がなかったような過疎化地域でも視野に入れることができます。特にスマートフォンや携帯電話はこういった地域でもまずはじめに普及するということは周知の事実です。現在多数のスマートフォン端末・携帯電話端末ユーザーがいます。現在、音声翻訳アプリケーションはテクノロジービジネスの絶好の投資先となっています。 

このようなものが何もなかった1,000年前、世界はどのようなものだったか想像できますか?私たちは、社会として、テクノロジーとエレクトロニクスに関してここまで到達してきたと考えるのは信じがたい話ですが、やはりこの先もやるべきこと、更に進展できる領域はまだたくさんあるでしょう。また、別の観点からは、音声翻訳アプリは、地元の習慣、伝統、エチケット、そして一般的な情報の観点から、確実に良くなる必要があると言えます。

音声翻訳アプリ、新たな驚きの発明

換言すれば、音声翻訳アプリは実に現代の驚きの新発明の一つです。個人が携帯電話やタブレットを使って互いに意志疎通できるようになり、人々がますます互に連絡を取り合うようになるにつれ、世界にまたがるそれぞれの大陸同士の隔たりも縮まってくると思われます。物理的な距離は過去のものであり、テクノロジーは確実に私たち全員を結び付けており、我々はそれらを事実として認識するときが来たのかもしれません。

最後に、音声翻訳アプリは、お互いが隣どおしに立っていてもスマートフォンを介してやり取りしなければならないため、「コミュニケーション」という行為自体のやり取りにも変化を与えます。これは奇妙な状況のように感じる人もいるかもしれませんが、他の人との異なる言語での流動的な会話を可能にするなど、アプリが提供する良い結果を目の当たりにし、実際に体感するようになるとと、近い将来、現在感じているような「ぎこちなさ」もある日愛嬌のようにも感じるようにでしょう。