Your browser is out-of-date. Please download the newer version of Internet Explorer.
Yarakuzen

Yarakuzen

News
ニュース

音声翻訳アプリは結構前から存在していますが、海外旅行業や関連する産業の世界中の何百万という人々の間で勢いを増しているなかで、多くのユーザーが2019年はこの発明品がさらに大きく成長する年だと主張しています。

アプリを使用して、あるテキストを別のテキストに翻訳するのは比較的簡単です。しかし、単純なテキストではなく、同時に音声を翻訳し始める場合はどうでしょうか。一度クリックするだけで簡単に翻訳された音声メッセージが送れるサービス、それが音声翻訳アプリケーション(音声翻訳アプリ)です。

音声翻訳アプリケーションは、あなたが言う言葉を受け取り、それらをテキストまたは音声メッセージに変換して別の人に送り返すため、この方向に向かっています。
 
まだ時々、情報を受け取る人の近くにいたり、携帯のスクリーンを見せたり、翻訳自体を相手に聞かせたりする必要があるなどの「ぎこちなさ」も多少あります。しかし、当初この技術が開発されたときにできると思っていなかったようなことができるようになった現在、多くの人が驚きを隠さずにはいられません。

pexels-photo-1329068

文章を翻訳する作業は簡単なことではありません。実際のところ、とても難しいというのが事実です。翻訳中、ある言語がその読者に理解されるべき言語に変換されるためには大きな変貌を遂げる必要があります...これには間違いなく、翻訳者がプロジェクトを完了するための高い精密性と正確性を求められます。

新しく翻訳されたテキストは、それが完全に異なるトーン、声、そしてもちろん言語で書かれていたとわかっていたとしても、その言語で書かれたことを読者に納得させるぐらい自然である必要性があります。

したがって、翻訳の舞台裏では、ある言語から別の言語に翻訳するとき、取り巻くあらゆる文化的背景の要素を考慮に入れながら、文書化できるような、文化的に敏感かつ繊細な翻訳者が必要となります。翻訳を完成させるには、表現、スラング、さらにはアクセントなどの要素を考慮に入れられなければならないのです。

翻訳サービスプロバイダーについて話すためには、まずそれらの仕事がどのようなものであるかを知っておく必要があります。

翻訳サービスプロバイダ(TSP)は数年前から存在しています、彼らは時々クライアントに彼らの翻訳サービスを提供する翻訳機関と呼ばれます。カンパニーやクライアント群の状況に応じて、通訳やローカリゼーション、ソーシャルスキルの指導といった関連業務を行うこともあります。

個人が翻訳を行う場合、彼らは、ある言語の文章の言葉を「検索」し、別の言語の文章に変換するというプロセスを行っています。本から雑誌、さらにはサーチエンジンマーケティングの分野に至るまで、全てが翻訳の対象になります。言葉が存在すれば、それらは全て翻訳の対象になるのです。

多くの場合、翻訳サービスプロバイダは「ローカライゼーション」と呼ばれるものも提供しています。これは、翻訳サービスの質が特定の国、グループ、文化的背景または地理的領域のニュアンスによって特定されるときです。たとえば、フランス語に翻訳する場合、翻訳サービスプロバイダは、正確な翻訳とローカライズを行うために、言語が話されている場所とその文章の全体的な意味合いに焦点を当てます。